不動産担保ローンを正しく学ぶ

不動産担保ローンは、担保物件の価値が高ければそれに見合った巨額の融資が受けられます。しかし油断すると差押えや競売ということにもなります。

不動産担保ローンは、時代の流れを見極めてから。

2015年4月2日 // by blogger

不動産担保ローンは、不動産の担保としての価値を現金に換算して、それに見合った分の現金を金融機関が実際に融資してくれるという商品です。

金融機関のローン商品としては、いにしえの昔からあったお金の貸付け手法で、銀行サイドからすれば、担保不動産の目利きさえしっかりしていれば、損はしないというビジネスモデルです。

銀行は、有史以来、不動産担保ローンを顧客に紹介し、利用を促すことで成長してきたと言って良いでしょう。

ですから少し前までは、「銀行は不動産価値の査定の仕方しか知らない」と専門家からも揶揄されていました。

不動産以外の無形の価値あるものを担保にして資金を提供するという考え方が、銀行にはなかったのです。

不動産担保ローンには、銀行からみてプラスアルファの旨味があります。

不動産担保ローンの契約者から担保として預かった担保不動産の価値が上がれば、万一、担保融資分の返済が途中でデフォルトしても、元は取れるどころか大儲けできるという点です。

とくに経済がインフレ傾向にあって、物価全体がインフレ傾向にあるときは、その不動産売却益はかなりのものになり、それを資産運用に回すなどすれば、元手となった不動産担保ローンの運用益はさらに大きくなります。

銀行全体の営業利益はそれに比例して右肩あがりに伸長します。

ただしそれとは逆にデフレの時代に突入すると、不動産の価値は下がりますから、顧客から預かった担保物件の相場も急下降し、銀行は大損することになります。

不動産担保ローンといえども、このように経済の動向が、インフレ・デフレのどちらの方向に向いているかで有利・不利が決まってきます。

▼参照ページ→インフレ・デフレとは?

不動産担保ローンの利用者としてみた場合でも、不動産担保としての査定が高いインフレのときに借りたほうが有利ではあります。

デフレのときは貸出金利も安くなりますが、不動産担保の価値も下がって融資額が小さくなるからです。

住宅ローンなどでは、金利の安いデフレのときに融資を受けて、融資後にインフレがはじまって担保の価値があがれば、ローンの返済は、計算上でそれだけ早く完済することができます。

不動産担保ローンを利用する前に、時代の流れ、経済の流れを考えてみましょう。

Comments are closed.